秀色三吃莲花圣女,原创日语写作其实很简单,遵循这几个套路,日语写作不成问题

秀色三吃莲花圣女


秀色三吃莲花圣女

原标题:日语写作其实很简单,遵循这几个套路,日语写作不成问题

日语写作,对于我们这些日语学习者来说是个难点。很多日语学习者在听说读方面都没有问题,一提起写作,就遇到了不少问题。小编认为,日语写作其实很简单,只需要学会几个套路,日语写作是不成问题的。小编总结了几点日语写作套路,希望对大家的日语考试和商务日语写作有所帮助。

一、明确文章格式

日语文章都是有固定的格式的。日记、书信等的书写都遵循一定的格式。比如说书信类,“拝啓”“敬具”就不提了,正文中的“气候语”和“寒暄语”,以及文末的“感恩”或“拜托”之类的套路话语也是必不可少的

新年のごあいさつ

拝啓あけましておめでとうございます。

元旦早々にご丁寧な新年のごあいさつ状をいただき、誠にありがとうございました。旧年中は、いろいろお世話さまになり心から感謝いたしております。本年もあいかわらずよろしくご協力のほどにお願い申し上げます。

まずは、新年のごあいさつまで。

敬具

二、掌握写作的易错点

1.文体不统一

日本語で文章を書く時には、必ずどちらかの文体に統一すべきであり、一つの文章の中では、決して丁寧体と普通体を混合してはいけません。

日语写作时,必须统一使用的语体。在一篇文章中,不能出现两种语体混用的情况。

2.过多使用敬语

「敬語を使わない間違い」よりも「敬語を使いすぎる間違い」が多く見られます。使い方を間違えてしまうと、かえって失礼な印象を与えることにもなりかねません。

比起不用敬语,出现的更多的是敬语使用过多的情况。但是,如果使用不当的话,也容易给人留下不好的印象。

3.语法使用错误

「ある」と「いる」の区別は、中国語ではありませんが、日本人はこの二つを区別して使います。人間だけではなく、魚や虫も「いる」を使わなくてはなりません。

汉语中「ある」和「いる」是没有区别的。日语中却经常将两者区分开来使用。而且不仅是人,虫和鱼等也都要使用「いる」。

4.汉字词汇使用不当

文法は間違っていないし、意味も通じるが、何となく不自然な文。いわゆる日本語らしくない文というのがあります。その多くは、実は漢語の使用が適当でないところからです。

语法没问题,意思也通顺,但就是感觉不自然。这就是所谓的不地道的日语。这种现象大多数是由于日语中汉字词汇的使用不当造成的。

三、起承转合

起承転結はもっとも基本的な文書の構成方法です。読者を話に引き込み(起)、主題を展開し(承)、視点を変えて興味を引き(転)、全体をまとめる(結)。そのルールに沿って、文章を書いていけば、自然と質の高い文章になっていくはずです。

起承转合,是作品的一种基本结构方法。起,即引起话题;承,即展开主题;转,即变换视点引起兴趣;合,即梳理总结。只要按照其结构顺序,一定能写出一篇好文章。

四、多欣赏范文

文章が上達したいなら、上手な文章をまねることから始めます。そのためには、さまざまなジャンルの文章をたくさん読むこと。そして、まねること。だんだん自分の風格を形成します。

要想写的好文章必须得模仿。模仿就要从好的文章开始。因此,应该多读各种类型的文章题材,逐渐积累,不断模仿。慢慢形成自己的写作风格。

总而言之,“冰冻三尺非一日之寒”。日语写作没有捷径,只有通过不断的积累和阅读,方能下笔如有神。最后,小编希望各位学习日语的朋友都能写出一手地道日语文章。

一张思维导图带你玩转日语,总结小白自学日语的步骤 .